お金と生活について

お金の使い方で自分を高める。

お金は日常生活の中で当たり前のように存在して
当たり前のように使っています。

 

まさに経済活動の血液のようなものです。
だからこそ誰でもお金を欲して、お金持ちのに
夢見て憧れるのでしょうね。

 

地道にコツコツ働いてお金を貯めていく人。
或いは、事業を興して一攫千金を狙う人。

 

色々な稼ぎ方があります。

 

けれども、大事なことはお金の使い方だと思います。
お金は魔物とも言います。

 

要は使い方次第で、自分を高めることもできるし
自堕落な世界に落ちることもできるからです。

 

でも、せっかくお金を稼いで使うことができるのであれば
有意義な使い方を使いたいものです。

 

身近な所では、貯めたお金で習い事をする。
それは英会話だったりパソコン教室だったり。

 

そんな使い方は立派な事だと思います。
また、自分にとって大きい貯えになると
寄付をしたりと、そんな使い方もいいかもしれません。

 

逆にお金をもらうこと。
仕事がなく中々、生活することが難しい人にとっては
仕方ないことかもしれません。

 

しかし、もらうことことが当たり前になっている人は
やはり生活の中で、他人に対する甘えが出てきます。

 

こんなタイプは人間としたて価値の無いものになってこないでしょうか。
だからこそお金の使い方を大事に考えたいものです。

 

子沢山だからお金が足りない!?

 

我が家は主人と子供5人の7人家族です。

 

今、子供一人を育てるのに(大学までを目安)約3000万円かかるといわれています。

 

うちには子供が5人いるので1億5000万円かかる計算になります。

 

そんなのは絶対無理です...がんばって私も仕事をしても、到底そんな額捻出はできません。

 

どうしたらいいんでしょうか?

 

最低限の教育はさせてあげたいと思うものの、心の中では最低限じゃ今の時代無理?と思う気持ちもあります。

 

お金がないということで、その子の将来を潰してしまわないかがとても不安です。

 

子沢山の家庭の方は、これをどう思っているのでしょうか。

 

とても気になります。家族が多いせいでお金がなく、十分な教育をさせて上げられないと思うと少し情けなく思います。

 

頑張っている主人には悪いですが。

 

これからまだまだお金がかかる子供達、少しでも教育を充実させてあげたいのでパートに出ようかと思っています。

 

我が家ではお金はいくらあっても足りないくらいですね。